基礎代謝の計算、体温によって基礎代謝量は変わる!

基礎代謝 体温

基礎代謝は年齢や性別で変わるという事がわかりました。
実は基礎代謝は体温でも変わってくるのです。平熱が高い人は、低い人より基礎代謝も高いのです。

つまり体温が高い人は、低い人より痩せやすいという事になります。
なぜこんな事になるのでしょうか?

スポンサーリンク

体温による基礎代謝の変化

人間は体温の維持のためにカロリーを使っています。
体温が1度違うと、体温の維持のために使うカロリーは15パーセントほど違うと考えられています。

これを使って考えると、一日に基礎代謝が1200キロカロリーの人がいるとします。

体温を維持するのに必要なカロリーは、基礎代謝の65パーセントほどと考えられているので、この人が体温維持に使っているカロリーは、一日780キロカロリーと計算で出ます。

もしこの人の体温が1度低くなると、体温維持に必要なカロリーは663キロカロリーとなります。

なんと一日で117キロカロリーも違うのです。これは軽くご飯一杯分くらいのカロリーに相当します。

体温は高いほうが痩せやすい

体温が高い方が基礎代謝も高いので、痩せやすいという事がわかりました。
ダイエットを成功させるためには、体温を上げれば良さそうです。
ではどうしたら体温は上がるのでしょうか。

まず簡単な方法で、室温の調整があります。冷暖房を使いすぎると体温調整ができなくなっていくので、注意が必要です。

また運動は効果があります。毎日継続して運動をすると体温が上がっていくしダイエットにも良いでしょう。食事で体温をあげる方法もあります。しょうがやにんにくや唐辛子を食事の中に取り入れると良いかもしれません。

また体を冷やすような物は、あまり食べないようにすると良さそうです。
お風呂の入り方でも体温をあげる事ができます。半身浴はとても効果的です。

半身浴の仕方としては、おへそから下の部分を湯船につけて20分くらい入浴すると良いでしょう。一度に20分浸かるのが辛い人は、数分で分けてみると良いのではないでしょうか。

少しの努力で体温は上げられます。ダイエットを考えている人は、体温を上げてみましょう。

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ