生理中、月経時の基礎代謝

生理 基礎代謝

女性は一ヶ月の中で基礎代謝が変化します。
多い人では、5パーセントほども基礎代謝が変化するようです。
なぜ基礎代謝に変化が起こるのか。それは、月経があるからです。

スポンサーリンク

生理中・月経時の基礎代謝

女性は月経中、基礎代謝がとても下がります。
月経中に下がった基礎代謝は、次の月経が始まるまでにまた上がっていきます。
女性の基礎代謝は、月経が始まる前が一番高いのです。

基礎代謝の変化を考えると、ダイエットに一番効果があるのは月経前と言う事になりそうです。月経前は基礎代謝が一番高くなっているので、この時にダイエットをすれば効果が上がるのですね。

運動などでたくさんエネルギーを消費させましょう。

またこの時期に筋肉などをつければ、基礎代謝を高めるのにも効果があるでしょう。ダイエットを成功させるのには、自分の月経周期をしっかりと知る事が大切なのですね。

妊娠中の基礎代謝

女性は妊娠している時にも、基礎代謝に変化が現れます。妊娠初期から妊娠4ヶ月くらいまではあまり変化はありませんが、その後徐々に上がっていきます。そして妊娠後期には、20パーセントほど基礎代謝が増加します。

お腹の中の胎児が大きくなると、基礎代謝が増えていくのですね。

出産後は基礎代謝が減ります。筋肉量も減るので、体の代謝は悪い状態になります。出産後に産後ダイエットなどをする人は、まずは筋肉をつけることから始めるのが良さそうですね。

女性の一生の中で一番基礎代謝が高いのは、15歳くらいまでです。また女性は男性に比べると筋肉よりも脂肪が多く、少しのエネルギーで生命を維持する事ができます。

これは女性が出産に適した体に作られているために、どうしようもありません。基礎代謝は年齢が高くなるとどうしても下がっていきます。少しでも基礎代謝を高くするためには、筋肉をつける事が大切です。

月経周期を考えながら、一ヶ月の中でどのように運動をするか考えましょう。
自分に適した運動や食事をしていれば、基礎代謝は少しずつでも上げられるはずです。

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ