基礎代謝量は夏と冬どっちが高い?

基礎代謝 夏と冬

夏は暑くて、動いてもいないのに汗がたくさん出ます。
食欲もあまりなくなって、あっさりした物や冷たい物ばかり食べてしまいます。
そのために夏は痩せやすいと感じますが、基礎代謝に比べて下がっているそうです。

スポンサーリンク

夏と冬の基礎代謝の違い

冬は寒いために、体温を保つために代謝が上がっているようです。
夏は気温が高くて体温を保つ必要がないため、代謝は上がらないのですね。

夏と冬で比べると、基礎代謝は10%も違っているのだとか。
自分では全く気がつかないので、そんなに違うとは驚きです。

でも夏は汗をかいているから、やはり痩せやすいのではと思います。
しかし汗をかくこと自体は、体が痩せることに関係はないそうです。

汗をかいて体重が減っても、それは一時的で水分を取ればすぐに元に戻るのだそうです。

では夏に痩せたと感じるのは、単に食欲がなくて食べる量が減っているからなのでしょうね。

しかも食事の量が減って痩せるのは、食べる量を元に戻せばすぐに体重も戻ります。

きちんとしたダイエットには全然なっていないのですね。
確かに秋になって暑さが収まると、残念ながら体重もしっかり元に戻っていたような気がします。

夏に基礎代謝を下げないために

にできるだけ基礎代謝を下げないためにはどうすれば良いのでしょうか。
夏は暑いために、冷たい物をたくさん飲んでしまいます。

それを控えれば、基礎代謝を下げないで済むのだそうです。
冷たい物を飲み過ぎると体が冷えすぎて基礎代謝が下がり、元に戻りにくくなるのだとか。

暑いからと言って、冷たい物を飲んでばかりいてはいけないのですね。
あと夏に食欲がないからと、冷たいそうめんばかりを食べていてはダメですよ。

基礎代謝を上げるには筋肉を作らなければいけないので、タンパク質をできるだけ食べるようにしましょう。

肉料理や卵料理などをなるべく食べて、筋肉を作る努力をしなければいけないのですね。

基礎代謝を下げると痩せにくい体になってしまうので、そういった事がないように食事や飲み物で工夫をしなければいけないのですね。

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ