筋トレで基礎代謝を上げる方法

基礎代謝 筋トレ

基礎代謝を上げるために筋トレをしている方はたくさんいらっしゃると思います。私も脂肪を燃やす(エネルギーにかえる)には筋肉だと思っていました。

では皆さん、どのように筋トレしたら基礎代謝が上がるのかご存知でしょうか?実はこれを知らない方がたくさんいらっしゃいます。今回は基礎代謝を上げるための筋トレ、主に何を鍛えたらいいのかを調べてみましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

日常で使う筋肉と運動で使う筋肉

基礎代謝は日常生活をするために使われるエネルギーの事です。運動する時のエネルギーにちとはまた違うのです。ではなぜ違うのかお分かりでしょうか?それは、日常生活と運動とで使う筋肉が違うからです。

筋肉には「赤筋」と「白筋」があります。「赤筋」はゆっくりとした動作(日常生活)の時に使われ、「白筋」は素早い動作の時(走ったり、重いものを持ったり)に使います。

基礎代謝は日常生活をするために使われるエネルギーの事なので、日常生活で使う「赤筋」を鍛えた方が、基礎代謝が上がるのです。

筋トレをしているのに基礎代謝が上がらないと感じている方は、白筋ばかり鍛えてしまったのかもしれませんね。基礎代謝を上げるには「赤筋」なのです。

赤筋の鍛え方

では、赤筋を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか?簡単ですね。単純に赤筋を中心に鍛えるといいのです。

赤筋が多くみられるのが背中の筋肉なのです。脊柱起立筋という筋肉に赤筋が多くみられます。この筋肉は背骨を支えている筋肉になります。なので真っ直ぐに背筋を伸ばしているだけで筋トレになるのです。

意外と簡単ですね!

他には、筋トレをわざとゆっくりと行う。赤筋はゆっくりとした動作で使われます。なので筋トレもゆっくり行うことで、自然と赤筋も鍛えられるのです。

いかがでしたか?

筋トレはきついですが、ゆっくりと行うのなら私にも出来そうな気がしてきました。背筋を伸ばすだけでも違ってくるのですから、これからは余計に気を付けたいと思います。いつもの筋トレを変えてぜひ基礎代謝アップを!

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ