インナーマッスルの鍛え方!基礎代謝アップに最適

インナーマッスルの鍛え方

よくインナーマッスル鍛えると良いと聞きますが、インナーマッスルってなんなのでしょうか?筋肉の事だとは思うのですが、どういった部分をインナーマッスルというのでしょう?

スポンサーリンク

インナーマッスルとは?

インナーマッスルというのは体の深層部にある筋肉の事です。
深層部と聞くとよくわかりませんが、筋肉名を挙げると股関節や肩関節の事だそうです。

インナーマッスルではない筋肉の事はアウターマッスルと言って、体の外側に主にあります。こういったアウターマッスルは腹筋や腕立てで鍛える事ができます。

インナーマッスルは腹筋や腕立てでは鍛えられないのです。

インナーマッスルのメリット

アウターマッスルは瞬発力を必要とする時に主に使われます。
インナーマッスルは体を安定させる時に主に使われています。

つまりインナーマッスルを鍛えると、毎日のちょっとした所でも役立つのです。
体のバランス感覚が良くなったり、持久力がついたりします。
そんなインナーマッスルを鍛えると、体温が上がるので基礎代謝も高くなります。

脂肪が燃えやすい体になるのです。

つまりインナーマッスルを鍛える事は、ダイエットにも良いのですね。
インナーマッスルを鍛えると、体のラインが綺麗になるという効果もあります。
これは女性にとってはかなり魅力的ですね。

ではどういった方法でインナーマッスルは鍛えられるのでしょうか?

インナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルは、有酸素運動で鍛える事ができます。
毎日有酸素運動をする事で、効果的に鍛える事ができるようです。

NAVERなどでもまとめられています。

参考:インナーマッスルを鍛えるだけで驚くほど痩せ体質になることができる方法! – NAVER まとめ

ランニングなら30分くらいを二日に一回くらい、水泳なら30分くらいを二日に一回です。

簡単そうに見えますが、これは結構きついのではないでしょうか。
もっと簡単な方法もあります。

例えばテレビを見ながらお尻で歩いたり、キッチンでボールを足の間に挟んで立って料理を作ったりなどです。

電車の中でつり革を持たずにバランスをとって立つというのも、インナーマッスルを鍛えるのには良いようです。日々の生活の中で工夫をすれば、インナーマッスルは鍛える事ができるのですね。

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ