基礎代謝量の計算式、ハリス方程式とは?

基礎代謝ハリス計算式

基礎代謝の計算式をご紹介します。
ハリスベネディクト方程式と言う計算式です。

厚生労働省が年齢別で出している基礎代謝の基準値は、このハリス方程式とは少し違うようです。
なぜならハリス方程式は欧米人用なので、日本人には適用しない場合があるからです。

スポンサーリンク

日本人には合わない?

計算式の中に身長の値が入っているのが、ハリス方程式が日本人に適していない原因の一つのようです。

日本人は身長が欧米人に比べると低いので、ハリス方程式で計算するとものすごく高い値が出る事があるのです。しかしハリス方程式は年齢や性別から細かく計算する事ができるので、色々な場所で使われています。

多くは、病院での入院患者への健康管理に使われているそうです。

計算式はこんな感じです。

一日に必要な摂取エネルギー量=基礎代謝量×▽活動係数×▽傷害(ストレス)係数

女性665+9.6×体重kg+1.7×身長cm-7.0×年齢
男性66+13.7×体重kg+5.0×身長cm-6.8×年齢

参考:ハリス-ベネディクトの公式

試しに測ってみては?

18歳以上のみ

ハリス方程式で計算できる基礎代謝は、18歳以上に限られています。
18歳以下の人たちは、厚生労働省の基準値を見るしかないのですね。

また筋肉量の事は考慮されていないので、筋肉量が多いために体重が多い人はこのハリス方程式では計算できないようです。

毎日の運動量が多いために、年齢より代謝が良いような人もハリス方程式では正確な計算はできないでしょう。便利な計算式にも使えない年齢があったり、人によっては合わない事もあるのですね。

最近ではとても便利になって、体重計で自分の基礎代謝がわかります。
すごい体重計だと、基礎代謝だけでなく筋肉量や水分量までわかります。
健康に対しての意識が、多くの人の間で高くなっているからなのでしょうね。

若い女性だけでなく、年齢や性別関係なく多くの人が痩せたいと思っているのではないでしょうか。確かに太っていると、たくさんの病気になる危険性が増えます。

だからと言って無理な食事制限をしたり、絶食をするのはもっと健康に危害を与えます。健康的に美しく痩せるためには、正しい食事と運動をする事が必要なのですね。

わかっているけど、なかなかできないのがダイエットなのかもしれません。

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ