基礎代謝が悪い原因は一体何?

基礎代謝 悪い

基礎代謝が悪いと太りやすくなってしまいますよね。
基礎代謝はどうして悪くなってしまうのでしょうか。

基礎代謝が悪くなる原因には色々ありますが、
筋肉量の低い人は基礎代謝が悪いようです。

スポンサーリンク

基礎代謝が悪い原因

筋肉量の低い人は、運動不足の人が多いです。
運動不足の人は、血液循環も悪くなって体温が低くなる事も考えられます。
血液循環が悪いと、新陳代謝が悪くなって肌の調子も悪くなり美容にも悪影響を及ぼします。

運動不足は基礎代謝を悪くするだけでなく、美容にも良くないのですね。

基礎代謝が悪い原因は、食生活の乱れも関係しています。
ダイエットをしている人の多くは、食事制限をしていると思います。

しかし無理な食事制限は栄養を十分に摂れないので、基礎代謝が悪くなってしまいます。食べない事で一時的には痩せるかもしれませんが、食事を元に戻すとリバウンドしてしまうのです。

関連記事:リバウンドしないダイエット方法は基礎代謝を上げること

きちんとリバウンドせずに痩せるためには、無理な食事制限をやめましょう。
また朝食はきちんと食べるようにしましょう。
朝食を食べないと、基礎代謝が悪くなってしまいます。

関連記事:基礎代謝を上げるには朝食が肝心!

食事を摂るとそれを消化させるために腸が動きます。
その時にカロリーが消費されるのですが、腸がきちんと動いていないとカロリー消費は悪くなります。

腸がきちんと動いていないと、基礎代謝も悪くなるのです。
腸がきちんと動いていない人に多い症状が便秘です。
便秘を解消すると腸がきちんと動いて、基礎代謝も上がってくるはずです。

便秘がちの人は便秘にならないように気をつけましょう。
便秘解消のためには、食事内容の見直しや生活習慣を見直す必要があります。
朝が一番排便には適した時間帯なので、できるだけ朝は早く起きて朝食をしっかり食べてトイレ時間を作りましょう。

トイレ時間をしっかり作る事で、毎日きちんと排便できるリズムが作れます。
またなるべくストレスを減らすように心がけましょう。
ストレスは便秘の原因にもなります。

ストレスを減らすのは難しい事かもしれませんが、ストレスを減らして便秘をなくして痩せる体を作りたいですね。

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ