「基礎代謝量の計算」の記事一覧

基礎代謝の計算、体温によって基礎代謝量は変わる!

基礎代謝は年齢や性別で変わるという事がわかりました。 実は基礎代謝は体温でも変わってくるのです。平熱が高い人は、低い人より基礎代謝も高いのです。

つまり体温が高い人は、低い人より痩せやすいという事になります。 なぜこんな事になるのでしょうか?

男性の基礎代謝量の平均はどれくらい?

男性の基礎代謝は女性より高いとよく聞きます。
では平均はどれくらいなのでしょうか。

年齢別に見てみると、一日に必要なカロリーは10代前半は1480キロカロリー。

10代後半は1610キロカロリーで、20代が1550キロカロリーで、30代から40代が1500キロカロリーで、50代から60代が1350キロカロリーです。

基礎代謝量の計算式、ハリス方程式とは?

基礎代謝の計算式をご紹介します。 ハリスベネディクト方程式と言う計算式です。

厚生労働省が年齢別で出している基礎代謝の基準値は、このハリス方程式とは少し違うようです。 なぜならハリス方程式は欧米人用なので、日本人には適用しない場合があるからです。

30代女性の基礎代謝量の平均はどれくらい?

30代になると毎日同じ生活をしているのに、若い頃に比べると太りやすくなったと感じる事があります。むしろ食事の量は確実に若い頃より減っているのに、それでもお腹にお肉がつきやすくなったと感じます。原因は、基礎代謝量が若い頃に比べると減っている事が関わっているようです。

20代女性の基礎代謝量の平均はどれくらい?

基礎代謝は年齢や性別や身長や体重で違います。
自分の年齢の平均とはどのくらい違うのか、同じくらいなのか気になります。
うまくダイエットをするためにも、自分の年齢の基礎代謝はどのくらいか知っておいた方が良さそうです。

ダイエットをするなら基礎代謝の計算をしよう

ダイエットを本当に成功させたいのなら、 気にするのは体重ではなくて基礎代謝なんです。

今までやったダイエットの大半は、食事制限のダイエットでした。 炭水化物を食べないようにしたり、何かだけを食べるようにしたり、そういう物ばかりやっていました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ