基礎代謝を上げるのに必要なビタミンは?

ビタミン

基礎代謝を上げるために必要な栄養はたくさんありますが、今回はビタミンに注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

ビタミンの重要性

基礎代謝を上げ体の脂肪を落とすためには、酵素の働きが良くなければなりません。その酵素の働きを良くするのがビタミンと言うわけなのです。その中でも基礎代謝に関係が深いものが、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群です。

ビタミンAは脂肪細胞が増えるのを防ぎます。ビタミンCは体内の働きに重要で、代謝を促進してくれます。ビタミンEは脂肪が蓄積されない様にするホルモン「レプチン」を増やしてくれます。

そして、最後にビタミンB群。このビタミンB群は脂肪や糖の代謝に効果的で、代謝ビタミン呼ばれるほど基礎代謝アップに効果的なビタミンです。ビタミンB群はビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸の8種類をまとめた名称になります。

B1は糖の代謝、B2は脂肪を燃焼するために大切なビタミンです。この2つのビタミンの働きを促進してくれるものが、ナイアシンとパントテン酸です。

このようにビタミンB群は助け合い一緒に働きますので、バランスが取れている状態に保つと効果的です。一緒に摂取することがお勧めです。

注意点

摂取する時に注意していただきたいのが、ビタミンCとビタミンB群。この2つのビタミンは水溶性ビタミンと言われ、熱や水に弱いため、加熱調理や水洗いなどで栄養価値を下げてしまう事がほとんどです。

また排出されやすく、体内に蓄積されにくいのも特徴です。こういった特徴を踏まえて摂取をしないと、効果がほとんど見られません。気を付けましょう。

いかがでしたか?ビタミンがここまで基礎代謝に効果的だとは皆さん思っていなかったと思います。今流行りのグリーンスムージーや毎日もご飯も、ビタミンが多く含まれている物をチョイスするだけで、効果の出方が大分変ります。体に蓄積されにくい水溶性のビタミンも含まれますので、毎日継続していく事が大切です。

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ