基礎代謝を上げるにはアミノ酸が効く

アミノ酸

基礎代謝を上げるのに、アミノ酸は効果があるのです。
アミノ酸を摂ると、血管が広がって血液の流れが良くなります。
血液の流れが良くなると、体温が上がって基礎代謝が上がってくるのです。

スポンサーリンク

アミノ酸を取ろう

しかもアミノ酸は筋肉を作るのに欠かせません。
アミノ酸を摂ると、筋肉の量が増えたり筋肉にかかる負担が減ります。
筋肉の量が増えると基礎代謝が上がるので、アミノ酸は基礎代謝を上げるのにとても大切な栄養なのですね。

アミノ酸はどういった食べ物に多いのでしょうか。
アミノ酸は、動物性の食品に多く含まれていると考えられています。

鶏肉のササ身、マグロ、チーズ、カツオ、牛肉、卵などに多く含まれているようです。

また野菜では、ほうれん草やトマトやきゅうりに比較的多く含まれています。
大豆はアミノ酸が豊富です。納豆や豆腐などは良い食品です。
アミノ酸はたくさんの種類があるので、様々な食品をバランスよく摂取すると良いでしょう。

アミノ酸には、脂肪燃焼の効果もあるようです。
脂肪燃焼アミノ酸と呼ばれているものが、リジン、プロリン、アラニン、アルギニンです。

これらはしらす、あじ、ごま、あずき、のりなどに多く含まれています。
またアミノ酸と一緒にビタミンBを摂ると効果が高くなるそうです。

ビタミンBは豚肉やさば、ぶりなどに多く含まれています。
卵や納豆は、アミノ酸とビタミンBがどちらも多く含まれています。

アミノ酸+運動の効果

アミノ酸を摂って効果的に基礎代謝を上げたり、脂肪を燃焼させるためには運動も必要です。運動をする前にアミノ酸を摂ると、筋肉の発達に効果があるため基礎代謝が上がるでしょう。

アミノ酸は筋肉の修復や回復にも効果があるので、運動後の疲れも早く取れるはずです。

また朝晩にアミノ酸を摂取するのも良いようです。
朝起きてから人間は必ず体を動かします。体を動かす前にアミノ酸を摂取すれば、筋力アップに効果があるはずです。人間は寝ている時に成長ホルモンを分泌します。

寝る前にアミノ酸を摂れば疲労の回復に役立ち、良い筋肉がつくはずです。
運動とアミノ酸摂取をうまく取り合わせて、効果的に基礎代謝を上げていきたいですね。

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ